PPTを使った「変化」の表現方法

PPTは説明資料としてもよく使われます。
描画機能に優れているので、
会議資料としてとても使いやすいものですね。

ところでPPTで昨年と今年の売り上げ高の変化を表すには
どうやっていますか?
一番わかりやすいのはグラフを使うことです。

けれども数字でグラフ化することができない場合には
どうしていますか?

新しい機能を追加して、入力処理が楽になった。
蓄積したデータを、他の業務でも有効活用できるようになった。
自動的にレポートが出力されるようになった。

こんな場合には、グラフでは表せません。
そんな時には新しい機能を「NEW!」と赤書きで示すだけで
変化を示すことができます。

PPTは視覚資料。
文字数はできるだけ少なくしましょう。
直感的に、一目でわかるようにすることが大切です

コピーライティングやウェブコンテンツなど
「何とかしたいな」と思っていらっしゃる方は、
ぜひお気軽にZoomを使った受講前無料相談(30分)をご利用ください。

無料相談のお申し込みは下記「お問い合わせ」からご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 「思考力」と「表現力」を鍛えるために「対話」の力を使う

  2. 文章力をあげたい方へおススメの本~その2『伝わるシンプル文章…

  3. 文章力をあげたい方へおススメの本~その5・ビジネスメール用~…

  4. 起承転結は忘れましょう。

  5. 文章表現は、お弁当箱の中身⁇

  6. 文章力をあげたい方へおススメの本~その3・接続詞について~