伝わる文章のコツ、5ケだけ教えて!~その1~

中学生でも楽しく読めるように書きましょう。

せっかく文章を書くなら・・・!

せっかく文章を書くなら、
相手に伝わる文章にしたい!

みんなが思うことですよね。

だって「どうせ伝わらない」とわかっていたら、
文章なんて、書く気がしなくなっちゃいます。

でも時々、こんなことがありませんか?
文章を書こうとしている時に困ること。

文章を書こうとしているのに、書けない!

頭の中にはアイデアがある。
話すことはできる。
イメージもある。

なのに!
なのに!

文章にできないっ!書けないっ!!

書いたのに、なんだかちーがーうー!!

ぜーはー、ぜーはー。

はい、大丈夫です。
落ち着いてください。

そういうお悩みは、みんな持っているんですよ。

え?

だって作家とかいるじゃない?
バズっている人もいるじゃない?
才能の問題なの??

いえいえ、違います。
スタートラインは全員ほぼ同じ。

伝わる文章のコツを習っていない⁉

実は日本で教育を受けた我々は、
ほぼ誰も「伝わる文章のコツ」を学校では習っていません。
あらびっくりですね。

作家になる人はしつこく、しつこく文章を
書きまくったから、あんな風になれただけです。

では凡人の我々はどうしたらいいのでしょう?

今日から5回にわけて、伝わる文章のコツをお教えします。

本日、第1回目。

◎まずは読み手を具体的に頭に思いうかべるべし!!

しかもその読み手は、「中学生」と思ってください。

中学生の頃、あなたはどんな子でしたか?

いつもしっかりノートをとって寝落ちせず、
質問があれば手をあげていましたか?

私は違いました。
興味のない教科はすぐ寝落ち。
寝ないまでも、意識はすぐに明後日の方向へ。

楽しいこと、興味が湧くことに
すぐに頭が向かってしまい、授業なんて雑音。
そんな中学生でした。

大人向けの文章を書く時でも、
こんな風に気が散りやすい中学生であっても
頭が明後日に行かないように書く!

それが第一のコツです。

中学生は気が散りやすい。
中学生は我慢して読まない。
中学生はすぐ飽きる。

こんな子達に読んでもらう。
そう思ってください。

なんなら、脳内に「中学生の私」を住まわせて
時々聞いてください。
「ねえ、わかる?」って。

実は現代の大人の読解力は右肩下がりの
ダダ下がりなんです。

これは全世界的な傾向なので、ご安心(?)ください。

どんなに立派な役職の方も、やり手のエリートでも、
読解力が落ちている。

だから「伝わる文章」を書きたいなら
相手は中学生くらい、と
思いながら書いてください。

そうすれば忙しい大人でも楽に読めるんです。

そしてこう評価されます。
「わかりやすい文章だね」。

明日からは、
じゃあ具体的には
どんなポイントに気をつけると良いのかな?をお伝えします。

こんなことを、
お話しながら
早稲田対話式ライティング・コーチでは
「あなたの文章」を前に一緒に考え、
添削・修正する
オーダーメード&プライベートレッスンを
ご提供しています。

お問合せは、こちらからどうぞ。

関連記事

  1. 文章力がますます必要になってきます!